\ 第三弾の開催が決定しました! /

~遊んで学ぶ!

リユース工作とお絵描き刺繍のバッグづくり~ 

 

  

 

遊びながら、

地球に”ちょっとだけ”良いことを

学んでみませんか?

 

 

森のわくわくの庭に

「リユースのまち」が現れた!

 

まちには、

生地屋さんや刺しゅうワッペン工場、

木のキーホルダー工場、工作ラボがあって、

わくわくドキドキ。

 

自分でまちを

てくてくまわって、

世界でひとつのバッグをつくってみよう!

 

 

 

【体験内容】

 

自分でマップをみながら、

お店屋さんで工作につかう生地やボタンをお買い物。

工場を回って、

お絵かき刺しゅうワッペンや

スタンプを使った丸太のキーホルダー作り

工作ラボで、

集めたアイテムをつかって

バッグのクラフトデコレーション

完成したら、こどもギャラリーへ。

こどもギャラリーでは

おみやげやリサイクル絵本のお買い物ができるかも!?

※絵本の数量には限りがあります。

 


【どんなイベント?】

 

・リサイクルの生地や糸、廃木材などを使ったクラフト遊びを通して、地球にちょっとよいこと(SDGs)に触れるきっかけに

・自分でお店をまわったり、創作体験で、ワクワクどきどき夢中に

・自分で体験する様子を見ながら、お子さまの成長を身近で感じられる時間

 


【開催詳細】

◇開催日:9月19日(日)・9月20日(月・祝)

 

◇体験:午前の部 10:30~12:30  (11:30までに受付にお越し下さい)

    午後の部 13:30~15:30  (14:30までに受付にお越しください)

 

◇定員:各回15組ずつ

 

◇対象年齢:年少~

 

◇時間:60-90分程度

    ※お子さまのペースでお楽しみ頂けます。

 

◇参加費:2,000円(税込)

 アイテム1or2をご持参いただいた場合は<1,800円(税込)>

 

(アイテム1)服や生地

おうちに余っている布や、小さくなって着れなくなった思い出の服。

自分のリメイクアイテムとしてご使用いただけます。

 

(アイテム2)絵本

おうちでもう読まなくなった絵本。

まちのこどもギャラリーに寄与されます。

こどもギャラリーでは参加者が1人1冊リサイクル絵本をお持ち帰りいただけます。

※本の数に限りがあります。

 

◇参加方法:HPからの事前予約

      予約人数により当日受付若干名)

 

※混雑具合により、スタートをお待ちいただく場合がございます。

※IDOPLACO・森のわくわくの庭が撮影する写真を施設の告知として使用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※別途来場予約が必要となります。


主催:IDOPLACO

イドプラコは、あそぶ・つくる・まなぶをテーマに、子どもたちの未来を「生きていくチカラ」を育むワークショップやイベントの企画・開催しているクリエイティブチームです。

イドプラコでは、SDGsを含めたサステナビリティへの貢献として、年少から低学年の子どもたちが具体的なアクションに取り組める「SDGsちょこっとアクション」を展開しています。 

協賛:TAJIMA

 

工業用刺繍機の貸し出しのご協力をいただきました。

工業用刺繍機械トップブランド"TAJIMA"はSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みを応援しています。

協賛:岐阜市立女子短期大学

 

生活デザイン学科ファッション専修の学生さんから服や生地の端切れをご提供いただきました。

 

 

~コロナウイルス対策について~

ワークショップの実施において、参加前の手指のアルコール消毒・他のお客様との距離の確保・マスク着用のご協力を徹底してまいります。


参加申し込みは2週間前から!

※別途来場予約が必要となります。

\\前回の作品//

 

 

【参加者の声】

・お洋服のはぎれでかわいいバックになる事を体験してみてわかりました。

とてもすてきなイベントでまた参加したいです。

・子供が自分だけで考え作る姿勢が見れてよかったです。

・工作が好きな妹と今日は体験させて頂きましたが、終始楽しそうに取り組んでくれているようでした。 小さな息子にいつも付き合って遊んでくれていたので、こうして本人が楽しんでくれているのはすごく良かったです。